荒尾市 H様邸 軽量シャッター2台解体、「セーヌ」2台取付を行いました!

荒尾の H様邸にて軽量シャッター2台解体、「セーヌ」2台取付を行いました!

解体している最中に写真撮るのを思い出したので慌てて撮影しました(/ω\)笑
下地が鉄骨+昔のシャッター=溶接という公式はもう鉄板です。
ご察しの通り、とても大変でした・・・
また今回取り付けるシャッターは以前のものよりブラケットが小さいため、今回取り付ける用の下地がありませんでした。
なのでそれを作る所から始まります。
しかも、天候はド晴天。暑くて汗が止まらず、水分補給してもしても足りず、難儀しました( ;∀;)
下地位置等は基準から足し算引き算で決めるんですが、場所を間違えると下地のやり直しになってしまうのでシャッター取付のターンになるまでビクビクです。笑

 

通常、2連のシャッターはメーカーが作っている中柱を使うのですが、今回は単窓が2台だったのでそれを2連風に見せる加工が必要でした。
各シャッターの高さを測りレールを切断し、内側のブラケットの隙間を測り、その長さを守ってガイドレールを溶接し、補強の鉄筋を付け、裏には座金用の鉄板とフランス落としを付け、表には化粧曲物を取り付け、溶接部位や傷がある所を補修し…文字にするとすぐタイピングできてしまいますが、工事を行うとこれが中々に手間を食うのです(´・ω・)笑
そんなこんなで現場から出たのは夜10時、家に帰り着いたのはその1時間半後でした(;^ω^)
僕が家に帰り着くのは何時でもいいんですが、お客様宅の前で暗くなってからも作業させて頂いたのが大変申し訳なくて。。
途中様子を見に来て頂いたりとお気遣い頂きありがとうございましたm(_ _)m

もう暑さがとんでもない温度になってきましたね。
梅雨の次は夏、猛暑が恐ろしいです…笑

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です