熊本市 某消防団様倉庫 手動軽量シャッター「セーヌ」の取付工事を行いました!

熊本市の某消防団倉庫にて、手動軽量シャッター「セーヌ」の取付工事を行いました!

この所カクイチ用シャッターが続いていたので、通常のシャッターに久しぶりに触ったような気がします。笑
とはいえ、いつもつけているセーヌとはちょっと違います。
さぁ、どこが違うでしょうか(*’▽’)??

 

♪~~♪シンキングタイム♪~~♪

 

はいしゅうりょー時間切れでーす( *´艸`)クスクス
正解は、「ケースの形が違う」でしたっ!!
コレとかコレとか、ケースの形が丸っこいですよね?
いつも取り付けているケースはPケースと呼ばれるものですが、本日取り付けたのはLケースと呼ばれます。
主にモートW御前様等がこの形ですね。カクカクしています。
シャッター自体の取付方法はPもLも変わりませんが、ケースの貼り方が違います。
Pの場合は下部前部で1枚、上部で1枚の計2枚構成ですが、Lの場合は下部で1枚、前部で1枚、上部で1枚の計3枚構成になっています。
なので貼り方もケースに合わせて変えなければいけません。コツがいるのです(*’ω’*)エッヘン

このシャッターの奥には消防車が待機するそうです。
いざという時に「あれっ!?シャッターが開かない!!!」なんて事が無いよう、取付は慎重に行いましたm(_ _)m
消防団の方がいらっしゃいましたが、その方に喜んで頂けて「(以前付いていたシャッターより)よくなりましたね」って言って頂けたのがとても嬉しかったです!
差し入れの冷えたコーヒー、ありがとうございました!生き返りました!干からびそうになってたので本当助かりました・・・!笑

「熊本市 某消防団様倉庫 手動軽量シャッター「セーヌ」の取付工事を行いました!」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 宇城市 Y様邸 手動軽量シャッター「セーヌ」の解体・取付を行ないました! - つかさ創建|熊本市東区のシャッター工事士

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です