宇城市 H様邸 カクイチ用手動軽量シャッター「セーヌ」5台の取付工事を行いました!

本日は宇城市のH様邸にてカクイチ用手動軽量シャッター「セーヌ」5台の取付工事を行いました!

今回のこのセーヌですが、4台は開口の高さが4mもあるんです。
従って作業にはローリングを使用し、かかった日数は2日で初日のみ人員3名で行いました。
雨が降って調子が悪いかと思えば、ど晴天になって死ぬほど暑くなり、また雨が降って蒸し暑く・・・。
ほんと梅雨の時期は嫌ですね( ;∀;)

荒尾市 W様邸 カクイチ用手動式軽量シャッターを取り付けました!」ぶりのカクイチの記事ですが、実は前回から今回までの間にも何度か工事をしています。
そうです。写真です。撮ってないんです。
なんで撮らんかなぁ~と自分でも思いますが、作業中は満身創痍の状態なのでそこまで頭が回らないんです。。ごめんなさい。笑

しかし、一つの建物にこのサイズのシャッターが5台あると壮観ですね。
あー仕事したぁ!美味いビールが飲めるぞぉ!!って思えます。(下戸なので全く飲めないけど)
シャッターとシャッターの間にある中柱がカクイチの場合は移動式なので、通常のセーヌよりも取付工程がいくつか増えます。
また中柱を固定する座金も通常の物とは違い耐風用座金なのでいつもよりハツる範囲が広くて深いので大変なんです・・・。
台風に対する耐風力をもたせる為なので仕方ないのですが・・・(; ・`д・´)アレ?デジャブ…

シャッターの横一直線に通っている棒はカンヌキと呼ばれるもので、外側から風が吹きつけたり物が飛んできた際に押さえてくれる役割を果たします。
このカンヌキは取付した際に非常に目立つので、一直線になるよう綺麗に取り付ける必要があります。
8枚目を見て下さい。一直線になってますよね?ね?綺麗でしょ??上手でしょ???( *´艸`)
ここがズレると全体が悪く見えてしまうので結構重要なポイントだったりするのです。

図面では”こう”なってても、実際工事を始めると”こう”ならない場合が多々あります。
そういうのは現場合わせでやるんですが、カクイチの場合もそういった事は多々あります。
そこをいかにより良く工夫できるかで綺麗に収まるかどうかが決まります(*’ω’*)
こればかりは経験値を溜めないとダメですね。
日々精進・・・!!

「宇城市 H様邸 カクイチ用手動軽量シャッター「セーヌ」5台の取付工事を行いました!」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: 上益城郡 S様邸 カクイチ用手動軽量シャッター「セーヌ」2台の取付工事を行いました! - つかさ創建|熊本市東区のシャッター工事士

  2. ピンバック: 西原村 A様邸 カクイチ用手動軽量シャッター「セーヌ」2台の取付工事を行いました! - つかさ創建|熊本市東区のシャッター工事士

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です