玉名市 某会社様倉庫 解体工事と手動軽量シャッター「ファイター」の取付工事を行いました!

本日は玉名市の某会社様倉庫にて手動軽量シャッターの解体工事と手動軽量シャッター「ファイター」の取付工事を行いました!

よく施工事例に掲載しているシャッターは「セーヌ」ですが、今回取り付けたのは「ファイター」というシャッターです。
仕組みや見た目はセーヌと同じなのですが、スラットとよばれる部分の厚みが違います。ファイターの方が厚いです。
なので厚い分衝撃等には強いのですが、その分重くなります。
したがって開け閉めにはセーヌ以上の力が必要になってきてしまいます。
個人的には手動シャッターならセーヌまでで、ファイターぐらい厚いシャッターなら電動の方が利便性は高いと思います。
が、電動シャッターはモーターが内蔵されていたり電気工事が必要になったりする為値段がどかんと上がってしまうんですよね・・・。
利便性を求めると値段が上がってしまう、悩ましい問題です。。。

今回のこの現場は下地がRC(鉄筋コンクリート造)でした。
木や鉄の場合はビスを打ち間違えてもある程度修正ができますが、RCの場合は部材を固定させる際に大きな穴をあけてしまうのでそれが難しいのです。
また木や鉄と違い一度専用の機械で下穴を空ける作業が増えるので手間もかかります。
よって下地がRCの場合は、取付に時間がかかり難易度が上がるうえに使う機械も増える為、取付工賃も下地が木や鉄の場合に比べ上がります。
シャッターはミリ単位で取付位置を決めているので少しズレて修正しにくいのが非常に厄介なんですよ・・・orz
とはいえ、解体も取付もきっちり行ってきましたよ( *´艸`)

来週は月曜日からJRの工事が入っているのですが、そこは非常に厳しい現場のルールがあり、その一つに機密保持のため写真を撮影する事ができないという決まりがあります。
なので施工事例の記事は数日お休みさせて頂きますm(_ _)m

では、皆様よい週末を(*’ω’*)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です