富合町 O様邸倉庫 軽量シャッター・カンヌキを取り付けました!

本日は富合町のO様邸倉庫にて軽量シャッター・カンヌキの取付工事を行いました!

午前中は別現場での修理工事を行っていたので午後からの作業となりました。
今回お取付けしたのは軽量シャッター「セーヌ」です。
同時にカンヌキという棒も取付を行ないました。
このカンヌキ(閂)というのは台風等によりシャッターが折れ曲がって破れたり外れたり、それに伴い建物内に外の物が入ってくるのを防ぐ棒になります。
縦カンヌキと横カンヌキというのがあり、今回お取付けしたのは縦に伸びる縦カンヌキです。
横カンヌキは「荒尾市 W様邸 カクイチ用手動式軽量シャッターを取り付けました!」でご紹介しているような横に伸びるタイプですね。
カクイチでは専用設計なので横カンヌキですが、普通のシャッターの場合は縦カンヌキも横カンヌキもどちらもお選びいただけますよ(*’ω’*)
ただ、こちらはオプション品なので別途代金を頂く事になってしまいますが・・・(;^ω^)
軽量シャッターは鉄製とはいえその厚みは薄いので重い物が当たれば破れたり外れたりします。
なのでそれを防ぐ為にカンヌキを付けられる方は結構いらっしゃいます。
ですが「カンヌキがあれば大丈夫!絶対破れないよ!外れないし!100人乗ってもダイジョーブ!!」とは言えないのがホンネです(´・ω・)
もちろん無いより有った方が強度が上がるのは間違い無いですが、例えば端っこに当たったりすれば外れる可能性はあるし、鋭利な物が当たれば破れる可能性だってあります。
あくまで「お守り程度」に考えて頂いた方が良いかと思われますです( ;∀;)ハイ

本日行った工事は下地が木だったのですが、やっぱり大工さんはすごいですね。。。
下地はもちろん、サイディングの誤差も1mm以内でした。
外国の大工さんがどのレベルの誤差まで許容しているのかは知りませんが、日本の大工さんのレベルは間違いなく高いと思います。
外国の方達が技術を教わる国に、自国ではなくわざわざ遠い日本を選ぶくらいですからね。
やっぱり日本の大工さんの技術は凄いんだろうなって思います(*’▽’)

ではまた(*’ω’*)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です