つかさ創建について

シャッター工事は頻繁に行うものではありませんよね。
なのでお客様の不安を少しでも取り除いて安心してお任せ頂けるよう、つかさ創建について簡単に自己紹介させて頂きます。

つかさ創建は
シャッター工事を行う
専門業者です。

代表 興梠 司

平成3年5月18日生
好きなものはネコ・イヌ・温泉・料理・釣り、カメラ、カラオケ、etc…多趣味です。見た目とは裏腹にお酒は全く飲めません。ほんと飲めません。あとクセが強いものも食べられません。ラッキョウとかパクチーとか。見た目とは裏腹に繊細なんです。
 
 
 
 
 

こんにちは。つかさ創建の興梠司と申します。本日はつかさ創建のホームページにアクセスして頂き誠にありがとうございます。まずは簡単な自己紹介をさせて下さい。

私は熊本市東区で「つかさ創建」という屋号を構え、一人親方のシャッター工事士、シャッター職人として日々活動しております。対応エリアは熊本市全域・熊本市近郊エリアで、取付工事、解体工事、修理・修繕を行っています。取付工事は文化シャッター製品ですが、故障の症状によっては他社製品でも対応可能な場合もあります。また解体に関しましてはメーカー関係なく対応しておりますので、お気軽にご相談下さい。
シャッター工事は危険が伴う作業であり、また専門知識が必要となります。よってシャッターを取り付けるためにはメーカーが発行している免許が必須であり、その免許を取得している者だけがシャッターの工事を許されています。もちろん、つかさ創建ではその免許を取得していますのでどうぞご安心下さい。

当サイトにアクセスされたという事は、シャッター工事を行うかどうかで悩まれているのではないでしょうか?ガレージや倉庫に、または間仕切りとして、非常に役立ちますよね。手動式シャッターの寿命は平均10年~15年といわれています。主な故障の原因としましてはシャフト(バネ棒)のサビ・スプリングの経年劣化、ガイドレール・スラットの損傷等があります。「最近シャッターの開け閉めが重くなったなぁ」という場合はすぐに対応せずとも使える場合がほとんどですが、中にはそのままシャフトのバネが切れてしまい全く動かなくなる場合や、無理に動かそうとしてケガをしてしまう場合もあります。シャッターは鉄製品ですので、その傷口から破傷風等の病気を引き起こす場合もあります。シャッターの動作に不具合が生じ始めたら、お取り扱いには十分お気を付けくださいね。

僕は、ふと疑問に思ったことがあります。「病気になったらかかりつけの病院、髪を切る時もかかりつけの美容院、車を車検に出す時もかかりつけの車検対応店、じゃあシャッターを取り付けたり修理する時は…?」と。つかさ創建は基本、文化シャッターから依頼された工事を行っていますが、新規取付工事や修理に伺った先の方から「あれ、この間来た人じゃないね?」と仰られる方が多い事に気づきました。「確かに、僕なら一人の人と長く付き合って、シャッターならこの人って任せられる人と知り合いたいもんなぁ」と思ったのがきっかけで、このホームページを立ち上げる事を決めた次第です。本来、シャッター工事士とは工務店さんやメーカー等を介さないと連絡が取れません。僕の知ってるシャッター職人さんの中でホームページを持っている人はいらっしゃらないので、当然インターネットで探しても見つかりません。僕も調べてみましたが、見つかるのは全国的に展開している企業さんが殆どでした。「これじゃシャッターの専属医を見つける事できないよね、だって検索しても出ないんだもん」と思い、シャッター職人のつかさ創建とお客様を直接つなげる場所が必要だなと痛感したのがこのホームページ立ち上げのきっかけです。

僕は熊本に生まれ、熊本で育ちました。3年程他県にいた事もありますが、やっぱり熊本が好きです。たいぎゃ好きです。夏は蒸し豚んごつなって豚骨スープが出来っとじゃなかっだろうかと思う程暑く、冬は体の芯から冷えてから指先の割れて痛くてお風呂に入ると染みてから泣こうごたる程寒かけど、そっでん熊本が好きです。生まれ故郷ですからね。地元愛は強いです。山には阿蘇山があり、海には有明海がある、飯は美味い、人は温かい、こんなに素晴らしい県は他には無いぞと、歳を重ねる毎に強く思います。そんな熊本に一緒に住まわれてる皆様のシャッターに関する悩み、同じ熊本を愛する僕に任せてみて下さい。

0 +
年間工事回数
0 +
年間解体回数

つかさ創建が目指す、「いつでも気楽に相談できる、私の専属シャッター屋さん」

僕は”お客様からの信用第一”で工事に取り組んで参ります

少し前に他業種ではありますが「金・プラチナの買い取り業者が自宅に押し寄せ、難癖を付けて低価格で買い取る」というものが流行りましたね。僕は裏切ったり、不誠実だったり、そういう事が嫌いなのであの件は実に不愉快でした。そういう事をしてなぜ心が痛まないのか、と不思議に思います。僕は周りの人から白い目で見られたり、避難されながら生きたくはありません。温かく接して頂き、「ありがとう」と言われたいです。そういう気持ちが根本にあるからこそ、お客様と仲良くなりたいと心から思うのだと思います。
つかさ創建は、もとい僕は、お客様の信用こそ一番だと思っています。シャッターの取り付けを頼むのも、解体を頼むのも、修理を頼むのも、とにかくつかさ創建、そう思って頂けるよう僕は全力でお客様の専属シャッター屋さんを目指し邁進して参ります。

IMG_3428
IMG_1450-1
IMG_3020

取付、解体、修理、何でもご相談下さい

「シャッターは高額な製品だから、どんな人かもわからない人に工事されたくないよなぁ。ましてやずっと関わり続けるなら尚更だよね」と感じ、思っている事を書いていたら会社紹介という感じから逸脱してしまい、大変失礼致しました。仕事は楽しく、だけど締める所は締め、確実かつ誠実にお客様の信頼にお応えできるよう作業致します。

くどい様ですが、つかさ創建はお客様第一です。シャッターと言っても店舗用、倉庫用、ご家庭用等様々な製品がございます。当社は文化シャッターの取付対応製品のカタログをご準備しておりますので、ご希望のお客様には最適なシャッターをオーダーメイドにてご提案させて頂きます。そうぞお気軽にご連絡下さい。シャッターの事、一緒に話しましょう。

最後までご覧いただき誠にありがとうございました。
今後ともつかさ創建を宜しくお願い致します。